ある日、駐車場から車に乗って出かけようとしたとき。
または、仕事終わりに帰宅しようとして駐車場から出ようとしたとき。

なんか愛車に細かい点々がある
ワイパーを動かすとザラザラと音を立てて動く

もしかすると、あなたの愛車にはペンキミストが付着しているかもしれません。
ペンキ、塗料が付着していることに気づいたとき、その付着したペンキを除去するまでの流れを説明させていただきます。

ペンキミストが付着した車のペンキ除去作業の主な依頼先は、
・自動車ディーラー(車を購入した車屋さん)
・板金塗装工場
・自動車コーティング専門店

愛車に付着したペンキミストの除去作業をしてくれるのはどこ?
上記の中で、相談しやすいのはやはりその車を購入した車屋さんになるのではないでしょうか?
しかし、付着したペンキミストの除去作業は専門的な作業となるため、ほとんどの場合、

・車屋さん→外注の鈑金工場→外注の磨き屋(コーティング店)
もしくは
・車屋さん→外注の磨き屋(コーティング店)となるケースがほとんどです。

愛車に付着したペンキミスト除去作業の費用を支払うのは誰?
ペンキミストの除去作業の費用は高額になるケースがほとんどです。(全面に付着したペンキを取り除き、全面磨き、磨けない箇所は部品交換になったり、コーティング施工車にはコーティング再施工したり・・・)
知らぬ間に付着していたペンキミストを除去するための費用はオーナーさんが支払うのか?というところですが、もしペンキが付着した原因が判明する場合加害者に相談し加害者に支払ってもらうことが可能です。「ペンキミスト飛散事故」と呼ばれるように事故扱いとなりますので、もし相手が工事現場だったりした場合は工事保険で対応してもらうのが一番良いかもしれません。
※相手方が保険対応してくれるかはお互いの話し合いとなりますので確約できることではありません。
もし、知らないうちにペンキが付着していてどこでペンキが付着したのか、だれがペンキを付着させたのかも分からない場合、オーナーさんご自身が車両保険に加入していれば車両保険にて対応可能です。(契約内容にもよります。)

簡単な説明になりましたが、
ある日、もし愛車にペンキミストが付着していることが判明してから愛車が元通りに修復されるまでの流れとしては、

ペンキが付着していることに気づき車屋さんと加害者もしくは保険会社に連絡し車屋さんがペンキミスト除去作業の見積もりを出しその見積もりを加害者もしくは保険会社に提出し車屋さんと保険会社が作業内容の確認と費用の協定をしそれが完了したら鈑金屋さんや磨き屋さんに修復作業を依頼し作業を開始し数日間の作業後に納車。

と、文章で書いてもよくわからなくなるくらいたくさんの手間と時間を要します。
しかもペンキミスト除去作業は専門的な作業が多いためお店選びを間違えるとペンキミストの付着する前の状態まで元通りにならない場合もあります。

ペンキが付着して被害者のはずのオーナーさんがたくさん動いて、なおかつ綺麗に仕上げることができるのか納車までドキドキ・・・。

その悩みを解消していただくためにも、ぜひペンキミスト110番をご検討ください。
ペンキミスト110番であれば、愛車にペンキミストが付着していることに気づいたらオーナーさんは、

・加害者との相談もしくは保険会社への連絡
・ペンキミスト110番への連絡

この二つだけでOKです。
その先の保険会社等との費用の話や代車の手配、愛車の引取納車の段取り、すべて一括でペンキミスト110番が請け負います。
ペンキミスト除去作業の経験豊富なスタッフが施工しますのでご安心ください。

詳細や不明な点はいつでもお気軽にご相談下さい。

LINEでも対応しております!